ブログ

blog

NEW
ストレートネックはこうやって治しなさい!
2021/10/01
ストレートネックはこうやって治しなさい!2

こんにちは!

肩こり・首こり・姿勢改善、痛み専門院のheal body代表の中島です。

下に写真載せましたがこのような姿勢になって長時間過ごしていないでしょうか?
コロナ禍で在宅での仕事が増え、
普段と慣れないパソコンとの位置や机と椅子のアンバランスさだったり、
環境が整わずに寝転びながらやったり、明らかに仕事するのに向かないポジションでの長時間労働。

明らかにストレートネックの患者さんが増えているのと同時に、

頭痛、肩こり、首こりが増えています。

ストレートネックはこうやって治しなさい!2

色んな首こりの種類がありますが、今回は上の写真みたいに首が垂れている人向けの
改善方法を一つお伝えしたいと思います。

改善方法の前に少し理解しないといけないポイントをお話ししますね!

正常な人の首のカーブは上の写真にもあるようなバランスにいてます。
左の写真のストレートネックですが、首にある青の矢印とピンクの矢印を確認してください。

下のピンクの矢印は普通の状態で、上の青色の矢印は異常な状態です。

青色の部分が倒れることによってストレートネックの完成形になります。
本来青色の部分は後ろに反り返る状態になるのですが、なっていません。
そうするとわかりやすい画があったので参考がてらに見させていただくと、

ストレートネックはこうやって治しなさい!2

筋肉は前側は縮こまり、後ろは伸びきってしまいます。
腕で示すと右の写真のように手のようなバランスになります。
もし、右の手の状態をずっとしていたら皆さんはいかがでしょうか?

もうしんどいってなり、腕を逆に伸ばそうとするはずですよね?

これが本能的に無意識にやる動きになります。
首が凝った時、猫背になった時、伸びをしたりしませんか?
人間は無意識的に体を真ん中のバランスに持っていくようにシステムが働いているのですが、長時間過ぎると癖付いてしまい元に戻らない現象ができてしまいます。

ここで首の上だけのアプローチをやる際に先程説明したバランスを整えるようにしてあげたらいいわけです!

ストレートネックはこうやって治しなさい!2

上の首を起こすのに後ろから支えてくれるもしくは抵抗してくれるものを用意してください。
そうすると拮抗状態になりながらも首の後ろの筋肉が縮こまり元の首のバランスに戻ろうとします。
タオルでも構いませんし、自分の手でも構いません。
同じようにやっていただくことで必ず改善しますのでしんどいなと思ったら癖付けて行ってみてください!

NEW
それ、肩こりではなく、首こり?!
2021/09/15
それ、肩こりではなく、首こり?!2

みなさんこんばんは!

肩こり、首こり、姿勢矯正、痛み専門で行っています、中島です!

ここ最近来られる患者さんは

肩こり、痛みを訴えられる方が本当に多く自分の専門分野なのでやりがいあるので嬉しい反面、本当に辛そうに来られているので、なんとかしてあげたいと奉仕心に火がついております。

今回は首こりに焦点を当ててお話しします。

それ、肩こりではなく、首こり?!2

この部分を痛みやこりを訴えられている人は肩こりが先ではなく首こりからの肩こりになっているので、対処を間違えると一時的な緩和にしかなりません。

・慣れない環境でのデスクワークされている方は首だけが前にでる姿勢、
・携帯をよく触る人は首だけ前に倒れる、
・台所に立つ機会が増えて首が垂れる、

それ、肩こりではなく、首こり?!2

など首が明らかにアライメントから逸脱しているものは首こりが最初になります。
そして連鎖的に肩こり、頭痛へと繋がります。

これらの人の対処はまずはこれだけでいいです!

ブログ画像
・首を壁に持たれるイメージで立つもしくは持たれる

です。

えっ?それだけと思うかもしれませんが、これがすごく重要になります。

後ろからみた筋肉の画像ですが前に首が倒れるとほとんどの確率で青色のところと赤色の筋肉が伸びて固まってしまい、首こりを感じてしまいます。

それ、肩こりではなく、首こり?!2

基本筋肉は

『柔軟性』

が大事です。

伸びっぱなし、縮こまりぱなしが症状を感じてしまう要因になっています。

ですので、首が前に行き過ぎている人とはまず後ろの筋肉を休めてあげてください。

細かいところはまだまだありますが、まずは持たれるを実践してみてください!
意外にも寝る時以外は持たれていないことを実感できる方が多いのではないでしょうか?

NEW
こんなに変わるなんて、、、
2021/08/31
こんなに変わるなんて、、、2

奈良から大阪市福島区までお越しいただいているNさん。
最初は股関節の痛みがあり歩くのに支障をきたしていましたが、そこは取れて、次の症状を訴えられていた肩こり。
この方の肩こりは明らかに肝臓と胃のバランスの問題があり、マッサージでも取れないもので内臓施術をメインに行っていけば今は感じなくなってきたと実感していただいているので、本当に嬉しい限りです♪
もっと変化を出してより楽しんでいきましょうね!

こんなに変わるなんて、、、2

こんなに変わるなんて、、、2

こんなに変わるなんて、、、2